カードローン低金利

カードローン低金利で借りれる【銀行&金融系、最新人気ランキング発表】

更新日:2016年 3月 17日

現在位置:カードローン低金利 > 当サイトのトップページです。

カードローン低金利で借りるなら・・・三菱東京UFJ銀行カードローン
バイト、派遣社員の方は、融資実績の高い三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムをおすすめします。

三菱東京UFJ銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローン 低金利
実質年率 融資額
4.6%〜14.6% 10万円〜500万円
審査時間 人気指数
最短30分 ★★★★★

銀行カードローンだから、安心&信頼できる♪三菱東京UFJ銀行の口座がない方でもお申し込みいただけます。パート、自営業もご利用可。※事業性資金を除く

 三菱東京UFJ銀行カードローン 低金利 お申込み  三菱東京UFJ銀行カードローン 低金利 詳細をみる 
モビット
モビット カードローン低金利
実質年率 融資額
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
審査時間 人気指数
10秒簡易審査 ★★★

今すぐ借りたい方の即日融資にも対応!!おまとめもできる♪主婦の方でも、パート、アルバイトなど安定した収入がある方ならお申込いただけます。 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビット カードローン低金利 お申込み モビット カードローン低金利 詳細をみる 

はじめてのアコム
アコム
実質年率 融資額
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円
審査時間 人気指数
最短30分 ★★★★

女性も安心!女性専用ダイヤルをご用意し女性スタッフが丁寧にご案内します。

アコム カードローン低金利 お申込み  アコム カードローン低金利 詳細をみる 
プロミス
プロミス カードローン低金利
実質年率 融資額
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
審査時間 人気指数
最短30分 ★★★★

WEB契約で当日振込も可能♪
※平日14時までに契約完了して頂く必要あり。

 プロミス カードローン低金利 お申込み  

楽天銀行カードローン
楽天銀行カードローン 低金利
実質年率 融資額
4.9%〜14.5% 1万円〜500万円
審査時間 人気指数
最短即日 ★★★

限度額300万円までのお申込なら、収入証明書のご提出が原則不要になりました!おまとめ可能!※個人事業主および法人代表者の方は必要です。※審査の結果、限度額300万円以下の場合でも提出が必要な場合があります。

楽天銀行カードローン 低金利 お申込み  楽天銀行カードローン 低金利 詳細をみる 

カードローン低金利で借りれる|このページの先頭へ


金利が低いカードローンをお探しの方へ


低金利のお借り入れの情報を探しているという方へ、当サイトでは金利が安くお借り入れが出来るカードローンの紹介しています。
皆さんが考えることはただ一つ、お金を借りるためにかかる利息を少なくしたい!どうせキャッシング・ローンを利用するなら金利が低い方がいい!

そんなキャッシング・ローン商品には、カードローンが人気ですね。
特に銀行の取り扱うカードローンが、中でも低金利でお得な商品となります。
また、消費者金融系や信販系のカードローンに比べると
銀行系のカードローンは低金利なこと、安心して利用できる信頼性が高いというメリットがあります。

しかし、消費者金融系カードローンの中には、低金利よりも安いものまであります。
要は、利息0円という無利息サービスなのです。これ以上安いサービスをおこなう会社はまずございませんね!
こうして、キャッシング・ローン商品は、低金利で借りれたかどうかで、
金利の高いところに比べると利息にかなり大きな差がでてきます。

当然ながら、少しでも金利の低いカードローン会社から借りる方が良いに決まっていますね!

※金利が低いカードローンをお探しの方へ、ポイントとして・・・
お借り入れの際は低金利だけでなくて、様々な面で比較しながら選びましょう。
カードローンを利用するときには、ご自分の利用目的にピッタリのカードローン会社を見つけることをおすすめします。


≪ 金利が低いカードローンをお探しの方へ ≫
 キャッシングの支払い利息や返済額を少しでも減らすためにはどうする?
 カードローンを低金利で返済しよう!低金利は借入限度額が大きいってこと!?
 カードローン低金利の比較で迷ったときは、どうする!?どのような方法で選ぶ??
 一般的に即日融資ができるカードローンの重要なポイントをまとめました。
 低金利のカードローンで借入しよう!3つの借入方法とは?
 総量規制対象外の低金利カードローン【銀行カードローン】の借入方法とは?
 おまとめローンは、複数の借り入れをまとめること。毎月の返済が軽くなる低金利のカードローンです。
 大口融資・大口ローンの借入ができる低金利カードローンを比較する
 【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する


カードローン低金利で借りれる|このページの先頭へ


低金利カードローンの比較のポイントはココ!


【低金利】でカードローンを比較する

◎ポイント:とにかく金利が低いカードローン

皆さんが、誰もが、お金を借りるときにもっとも重要視する点は、金利が安い?高い?なのです!
「よし!このカードローンで借りよう♪」と決めやすいのは、低金利な場合ではないでしょうか?

「ズバリ!金利が安いと、返済する負担が軽くなります」から当然なのですが…。

ここでは、低金利で比較する方法を知っておきましょうね。
金利はお借り入れする金額により異なります、ご存知でしょうか??
どこの金融会社もローン商品も金利の利率が記載されています。

⇒ 例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合
金利が【4.6%〜14.6%】で、小額を借り入れするときには、14.6%が適用されます。
皆さんが希望する4.6%でお金を借りれるときには、限度額の上限を借り入れしなければなりません。

※つまり、お借り入れする金額は、高額であればあるほど金利は低くなります。
小額で限度額の下限である10万円の場合には金利はもっとも高くなるというわけです。

このように、低金利で選ぶときには最高金利もチェックした方が良いでしょう。
上記からも借り入れ限度額で金利が決定されますから、カードローンを比較する指標にもなります。

当サイトは、低金利で借り入れ限度額が高いカードローンの情報も掲載していますから、ぜひご活用いただければ幸いです。
借り入れ金額が高いほど、低金利になることを覚えておきましょう。

総量規制という法律が制定されて、年収の3分の1までしか借り入れができないように定めれています。
このため、各キャッシング・ローン商品をご利用するには、提示されている最高限度額と年収がその3倍必要であることとなります。
この条件をクリアできなければ、最高限度額に申込み低金利で借り入れすることができないのです。

総量規制の対象となるカードローンは、原則 貸金業などを営む消費者金融系です。
銀行カードローンは、銀行法に基づくサービスを提供しているため対象となりません。

>> とにかく金利が低いカードローンは、【比較方法】ページで詳しく確認してみましょう。


【借り入れ限度額】で、低金利カードローンを比較する

◎ポイント:借入限度額が高くて、しかも低金利のカードローン

低金利で借り入れするためには、借り入れする限度額は高くなります。
借り入れ限度額で比較するカードローン情報をご紹介します。

カードローンは、借り入れ限度額が高いほど、低金利となります。

各キャッシング・ローン商品における限度額の上限を借り入れするためには、
その金額の3倍の年収がひつようとなります。

総量規制による借り過ぎ制限のため、借り入れは収入の3分の1までと制限されています。

>> 借入限度額が高くて、しかも低金利のカードローン、【返済方法】ページで詳しく確認してみましょう。


【即日融資】で、低金利カードローンを比較する

◎ポイント:急な支出でも安心、最短でお借り入れ可能な低金利のカードローン

「急な予定が入ってしまったがお手持ちの現金が無い…」
「給料日前だけど、友人・知人との飲み会が入った!」
このような困ったケースになってしまったら、あなたならどうしますか??

※「カードローンで即日融資を申し込みたい!」と考えるのも一つの方法ですよ♪
カードローンなら、急な物入りでお金が必要になった場合にも、 親・兄弟や知人・友人に借り入れをお願いして信用を損なう事もなく現金を手に入れることができます。

インターネットからの申込みをしても、郵送されるカード発行を待っていられない!
また、カードが発行される自動契約機までも仕事で行く時間がない!という方は多いはずです。

即日融資が可能なカードローンは、カード発行を待たずして現金をご自分の口座へ振り込んでくれるのです。 即日融資の流れとしては、申込みして審査通過後に即ご自分の口座へと振込してくれます。
こんな場合にも困難なケースがあります。
それは、金融機関での当日振込が可能な時間=金融機関の取引時間内であることに限られると言うことです。 何とか間に合ったならOK!ですね。 お近くのATMがある銀行やコンビニで、ご自分のキャッシュカードを使用してお金を引き出すことができます。

上記のように、即日融資を行うにしても早い対応が求められます。
万が一にも、金融機関の当日振込が可能な時間を過ぎてしまったら、店舗窓口・自動契約機まで足を運んで カードを発行して、店舗窓口・自動契約機に備え付けの機械からお金を借り入れするしかなくなります。

>> 急な支出でも安心、最短でお借り入れ可能な低金利のカードローン、【即日融資】ページで詳しく確認してみましょう。


【総量規制の対象外】で、低金利カードローンを比較する

◎ポイント:総量規制の対象外となる低金利のカードローン

総量規制とは、2010年6月に施行した借り入れは年収の3分の1までという規制です。
この総量規制により、各キャッシング・ローンの限度額の上限をお借り入れするには、年収がその金額の3倍あることが条件となります。

もし、ご自分が希望するカードローンの限度額が、年収の3分の1以上の場合は総量規制の対象外のカードローンを選ばないといけません。 総量規制の対象外のカードローンは、銀行・ゆうちょ銀行・農協の金融機関が該当します。

そのため、貸金業ではない銀行カードローンからの借り入れは、年収の3分の1を超えてもOK! 安心して借り入れできるので、総量規制の対象外のカードローンで比較することをおすすめします。

>> 総量規制の対象外となる低金利のカードローン、【銀行カードローン】ページで詳しく確認してみましょう。


【銀行系】で、低金利カードローンを比較する

◎ポイント:審査は厳しいが金利が安い銀行系のカードローン

安心して利用できるカードローン、信頼できる金融機関、ってどこでしょうか?

やはり銀行ですよね。
銀行系のカードローンは、敷居が高いことから、審査が厳しいイメージがあります。

しかし、低金利で安心をもとめるならば、銀行カードローンがおすすめです!
総量規制の対象外なので、年収による申込み制限がありません。

安定した収入がある方ならば、意外と審査に通りますよ♪
小額ですが、学生の方なら10万円、主婦の方なら30万円、という範囲で借り入れが可能です。
※主婦の方は、安定もなにも収入が無いのですが、配偶者に収入があれば利用できるのです。

銀行からの借り入れは、総量規制の対象外なので年収の3分の1を超えても可能なのです。

>> 年収による制限がないカードローンは、【総量規制の対象外】ページで詳しく確認してみましょう。


【大口融資】で、低金利カードローンを比較する

◎ポイント:まとまった額のお借り入れを希望する場合のカードローン

大口融資・大口ローンの借り入れを希望するなら、極度額(限度額の上限)を参考にしなければいけません。
しかし、総量規制の対象となるような、いわゆる貸金業者(消費者金融会社・信販会社)からは大口融資・大口ローンを受けるのは難しいですね。

なぜなら、年収の3分の1以上の借り入れができないのですから、極度額(限度額の上限)も借り入れができないかもしれないからです。
審査は厳しくなってきますが、銀行カードローンからの借り入れを申込みするのならば、大口融資・大口ローンの借り入れができる可能性があります。

>> まとまった額(極度額)が大きいカードローン情報は、【大口融資・大口ローン】ページで詳しく確認してみましょう。


【おまとめローン】で、低金利カードローンを比較する

◎ポイント:複数の借り入れをまとめることで、毎月の返済が軽くなる場合のカードローン

おまとめローンは、現在の複数ある借り入れを一本化することで、
「毎月の返済額を少なくすることができる」
「複数社へのローン支払いを一回にまとめられる」
などのメリットがあるので、全体として返済を軽くすることができます。

実際に複数のローンへの返済をおこなうとその分利息が多くかかります。
一本化するときには高利な契約も見直し、低金利な借り入れへと切り替えますので、
余分な利息も減らして最終的な総返済額も少なくなる場合も多いのです。

確実な金利の引き下げにより、おまとめしてメリットがある場合もありますが、
現状の契約によってはただローンの支払いを先延ばしにするだけで、
総返済額が増えてしまう場合もあるので、しっかりと返済できる目標をみつめておまとめローンをおこないましょう。

現状が、もしもローンの返済のために新たなローンをするような状態に陥っているのなら、
おまとめローンを検討する価値はもちろんあると思います。

>> 複数ある返済を見直すためのカードローン情報は、【おまとめローン】ページで詳しく確認してみましょう。


【主婦でも借りられるローン】で、低金利カードローンを比較する

◎ポイント:専業主婦でも、借り入れの申し込みができるカードローン

総量規制の制定によりお金を借り入れしにくくなったのは、借り過ぎの返済難民のような会社員ばかりではありません。

実は、総量規制は無理な借り入れを防ぐことが目的とされているため、返済が困難とされるパート・アルバイトなどの低収入な方々、
そして、無職で収入が0円である専業主婦も借り入れの申込みができるカードローンが、随分と減ってしまったと言われています。

でも、そんな主婦の中でも収入が安定している方は、借り入れが可能なのです。
また、総量規制の対象外である銀行のカードローンならば、申込みすることが可能です。

銀行カードローンは、貸金業とは異なった銀行業なので総量規制の対象外なのです。
ですから年収による申込み制限があるわけではないのです。

専業主婦の方で本人収入が無くても、配偶者に収入のある方ならば、30万円以内の融資が可能なのです。

>> 専業主婦の方が利用できるカードローン情報は、【主婦でも借りられる】ページで詳しく確認してみましょう。

カードローン低金利で借りれる|このページの先頭へ

★知って得する!カードローン低金利の基礎知識★

はじめてのカードローンの選び方をご案内しています!!

借り入れがはじめてといわれる方の大半は、インターネットでカードローンやキャッシング・ローンなどと検索して、金利を比較する方が多い知って得する!カードローン低金利の基礎知識でしょう。カードローンは、無担保で割と簡単に借り入れできること、資金使途が自由なこと、特徴は契約時に取りきめられた限度額の範囲で繰り返し自由に借りることができることです。

普通のローンなら、その都度お手続きをして、借り入れのタイミングも定められるのですが、カードローンはお好きなときに必要な金額を取引することができます。
カードローンでとにかく低い金利での借り入れを希望する方には、銀行や信販系信販系のカードローンをおすすめします。

消費者金融は、小額での借り入れが多く18%で即日融資が多いことが特徴です。利用者の大半は、金利も高いので早めに返済することを目的として、小額を高利で借り入れしていますから、長期に借り入れするなら消費者金融カードローンは利息が高くおすすめはできません。

消費者金融カードローンは、100万円以上の借り入れをするとようやく15%の金利が適用となります。
銀行や信販系カードローンは、契約している金額(限度額)で金利を設定しているので、消費者金融カードローンと比較すると低金利となり大変お得となっています。

銀行や信販系カードローンの借り入れ方法は、各カードローン会社と銀行の提携しているATM・自動契約機等でおこなう方法と店舗への来店不要でご自分の口座へ直接振り込んでもらう方法があります。

近年では、インターネットからの申込み・審査が主流ですから、簡単で早いといった流れがしっかりとできていないと利用者もドンドン便利なカードローン会社の方を申込む傾向にあります。実は、インターネットからの申込みは24時間おこなえることで、誰にも会わずに借り入れできるので、一番人気のカードローンの選び方とされています。

返済も一括返済はもちろんですが、、流行りの分割払い(リボルビング払い)もできるので、全く店舗に来店する必要や誰かに会ってプライバシーを気にすることが無いと言うのが、現代のカードローンの利用方法となっていますから、簡単&便利で利用しやすいですよね。

よくある質問 Q&A

Q:カードローンの審査・お申込みに必要な書類は?

A:.運転免許証、または健康保険証の写しなどの本人確認書が必要となります。

インターネットで申込みしたあとに、本人確認書の提示をもとめられます。その際は、コピーをFAXするか、もしくは郵送してください。
カードローンの本契約の方法は、各ローン会社・金融機関により異なりますので、どうかご確認をお願いいたします。
銀行以外の金融機関では、50万円を超える借り入れを希望する場合には、収入証明ができる書類の写し(コピー)が必要となります。
※収入証明ができる書類には、源泉徴収票、給与明細書、納税証明書などがあります。
銀行カードローンの場合には、100万円以下の借り入れ申込みでは、原則として収入証明書が必要ありません。そのため、急なお申込みの方にとっては書類を揃える手間が省けるので、おすすめです。

Q:在籍確認(在宅確認)について

A:お申込み時の本人確認の電話は通常、担当者の個人名でかかってきます。

実際にお申込み書類に記載された会社に在籍しているかどうか、住所の自宅に住まわれているかどうかなどの在宅など、本人確認は各ローン会社や金融機関はプライバシーに細心の注意を払っておりますから、どうかご安心ください。

カードローン低金利で借りれる|このページの先頭へ


全国で借入できる低金利カードローンはこちら!


【北海道・東北地方】 北海道 - 青森県 - 秋田県 - 岩手県 - 山形県 - 宮城県 - 福島県
【関東地方】 群馬県 - 栃木県 - 茨城県 - 千葉県 - 埼玉県 - 東京都 - 神奈川県
【信越・北陸地方】 山梨県 - 長野県 - 新潟県 - 富山県 - 石川県 - 福井県
【東海地方】 静岡県 - 愛知県 - 三重県 - 岐阜県
【近畿地方】 大阪府 - 京都府 - 滋賀県 - 奈良県 - 和歌山県 - 兵庫県
【中国地方】 岡山県 - 鳥取県 - 島根県 - 広島県 - 山口県
【四国地方】 徳島県 - 香川県 - 愛媛県 - 高知県
【九州・沖縄地方】 福岡県 - 佐賀県 - 長崎県 - 大分県 - 宮崎県 - 熊本県 - 鹿児島県 - 沖縄県

カードローンを低金利で返済しよう!低金利は借入限度額が大きいってこと!?|このページの先頭へ


現在位置:カードローン低金利 > 当サイトのトップページです。

カードローンのお申込みの際は、契約内容をよくご確認ください。無理のない返済計画で借り入れをおこないましょう。
Copyright (C) カードローン低金利で借りれる【銀行&金融系、最新人気ランキング発表】 2016 All rights reserved. XML